「タダで修理」と勧誘、ボランティア称し代金請求…豪雨災害に便乗した悪質商法に注意!

毎日新聞 / 2020年7月9日 15時42分

熊本県消費生活センターは8日、豪雨災害に便乗した悪質な勧誘・商法に注意するよう呼びかけを始めた。熊本地震など過去の災害で悪質な勧誘・商法が横行したことから、同センターは「今回の豪雨災害でも確実に出てくる」と警戒を強めている。災害に便乗した悪質な勧誘・商法の例としては、「行政から補助金が出るため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング