「スーパーフレア」の観測に成功 大規模な恒星表面の爆発現象 京大など

毎日新聞 / 2020年7月10日 0時0分

恒星の表面で発生する大規模な爆発現象「スーパーフレア」の観測に成功したと、京都大などの研究グループが発表した。京大岡山天文台(岡山県浅口市)にあるアジア最大級の光赤外線望遠鏡「せいめい」を利用し、恒星「しし座AD星」を観測した。今回のスーパーフレアの規模は、太陽で発生する最大級のフレアの20倍に相当するという。論文は10日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング