氾濫に備え監視カメラ 岩手県が「簡易型」114カ所に設置 ネットで画像公開

毎日新聞 / 2020年7月10日 8時45分

河川の氾濫に備えるため、岩手県は簡易型監視カメラを県管理の河川に計114カ所設置し、県のサイトなどで画像の公開を始めた。水位の変化を把握しやすく、県は迅速な避難行動につながることを期待している。【安藤いく子】河川には従来、カメラを取り付けてきたが、費用が高額で、県管理河川で34カ所、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング