8県2909人が避難生活 熊本で10集落283人孤立 九州豪雨1週間

毎日新聞 / 2020年7月11日 21時27分

停滞した梅雨前線による記録的豪雨で1級河川・球磨川が氾濫するなどして、熊本県南部を中心に甚大な被害が広がった九州豪雨は11日で発生から1週間になった。被害は九州・山口全域に及び、11日現在、8県で計2909人が避難生活を送っている。熊本県では道路の寸断などで10集落283人の孤立状態も続く。犠牲者は熊本など九州3県で64人、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング