クレカ情報盗用被害が急増 19年は220億円超 闇サイトに流出、売買も

毎日新聞 / 2020年7月12日 8時30分

クレジットカードの番号などの情報を盗まれ、知らない間に不正に使われる被害が急増している。2019年の被害額は約220億円で14年の3倍以上に達した。店舗での決済時に受け取ったカードを店員が盗み見たり、インターネット上の闇サイト(ダークウェブ)に流れた情報を悪用したりする手口が横行している。ネット販売などキャッシュレス決済が広がる中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング