鉄道6路線310キロ不通 JR九州は全路線の1割被害 九州豪雨

毎日新聞 / 2020年7月13日 20時25分

九州を襲った豪雨では鉄道も甚大な被害を受け、一部区間で運転見合わせが続いている。JR九州と第三セクターを合わせて12日現在の不通区間は6路線約310キロに及んだ。このうちJR九州は約230キロが不通となり、同社では九州新幹線と在来線の全路線のうち1割が鉄道橋の流失や線路への土砂流入などで運転できなくなっている。JR九州は13日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング