沖縄、米軍ハンセンで新たに36人感染確認 5施設で136人に

毎日新聞 / 2020年7月15日 12時57分

沖縄県は15日、米軍キャンプ・ハンセン(金武=きん=町など)で新たに米軍関係者36人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。キャンプ・ハンセンでの感染者は計58人となり、沖縄の米軍基地内での感染は5施設で136人に広がった。【竹内望】

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング