賭けマージャンで警官9人処分 数千円のやりとり 富山、立件せず

毎日新聞 / 2020年7月15日 18時37分

富山県警は15日、所属する警察官9人が賭けマージャンをしていたとして、今月1日と2日に所属長による口頭厳重注意処分としたことを明らかにした。賭博容疑で捜査したが、立件を見送ったという。処分者の所属や年齢、性別などは公表していない。県警監察官室によると、処分されたのは巡査から警部補の階級にある9人。富山市内のマージャン店で2019年9月から20年3月にかけて数回にわたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング