高知県で感染確認後に連絡取れず 大阪府の30代、入院手続き中に

毎日新聞 / 2020年7月16日 18時7分

高知県は16日、四万十市を訪れていた大阪府の30代の女性会社員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は「仕事で訪れた」と県に説明していたが、感染確認後に連絡が取れなくなり、所在も不明という。県によると、女性は13日、JR西日本の高速バス(午前6時半大阪駅発、同11時40分高知駅着)で高知市に到着後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング