「早く帰って休みたかった」公用車52キロ超過運転 京都府警が巡査部長を処分

毎日新聞 / 2020年7月16日 18時3分

制限速度を52キロ超過して公用車を運転したとして、京都府警京丹後署の30代の男性巡査部長が道交法違反(速度超過)の疑いで交通切符(赤切符)を交付されていたことが16日、府警への取材で分かった。府警監察官室は2日付で巡査部長を所属長訓戒の処分とした。府警によると、巡査部長は6月上旬の午前0時半ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング