写真

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で

福岡県粕屋町で2019年7月、女性会社員(当時38歳)を殺害したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた住所不定の無職、古賀哲也被告(36)に対し、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)の裁判員裁判は17日、求刑通り無期懲役を言い渡した。検察側は論告求刑で、スカート姿で1人ならば誰でもいいと考えて物色し「ゲーム感覚で被害者に狙いを付けた」と非難。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング