杉咲花、娘役で「いだてん」再出演<本人コメント>

モデルプレス / 2019年9月15日 20時45分

【モデルプレス=2019/09/15】女優の杉咲花が、15日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第35回『民族の祭典』(よる8時~)に、自身が演じたシマの娘・りく役で出演した。三島家に仕える女中で、三島弥彦(生田斗真)の良き理解者であったが、関東大震災で行方不明になっていたシマ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング