すべてが新しい「新型カローラ」 国内専用モデルまで作った理由がスゴい

MONEYPLUS / 2019年10月12日 9時0分

「大衆車」、言い換えれば「時代に合わせた良品廉価なクルマ」。それがこれまでトヨタ・カローラに求められてきたニーズでした。しかし2019年9月17日に発表された12代目となる新型モデルはもはやその言葉は不要と思えるほどレベルアップしています。一足先に試乗した印象も交え、新型カローラがなぜ魅力的なのかを分析します。 世界で売れている名車だった カローラの印象は国内で常に販売の上位に位置するクルマのイメージですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング