一般的に、不妊治療に関わる費用は“高額”と考えられています。こうした事情と晩婚化・晩産化の進む社会状況を背景に、金融庁は2016年から不妊治療の費用を保障する保険商品を解禁。公費助成も自治体によっては、少子化対策を兼ねて独自に充実させるところが見られるようになりました。 今年1月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング