写真

日銀観測報道に飛び交う思惑、円安トレンドは終了か

内外情勢に翻弄されるかたちで、ドル円相場が揺れています。 7月に入り、米中の通商問題を巡る摩擦が激しさを増しています。一方国内でも、日銀が現状の政策を柔軟化し金融緩和策の持続可能性を高める方策の検討に入った、という一部報道がなされました。 米中貿易摩擦問題に日銀の金融政策、ドル円相場の今後の展開はどうなるのでしょうか? 米中貿易摩擦問題ではセオリーと逆行 7月6日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング