太陽光発電、第2回入札は上限価格引き下げで「落札ゼロ」

MONEYzine / 2018年9月22日 18時0分

太陽光発電の第2回入札は、上限価格引き下げの影響で落札ゼロだった。政府はコスト削減を目指しており、経営環境は曲がり角にあるようだ。 ■「落札者ゼロ」の理由 政府は太陽光発電のコストを下げるため、2017年度から2メガワット(2,000キロワット)以上の買取価格を入札制度によって決定している。9月4日に一般社団法人低炭素投資促進機構が発表した、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング