写真

人手不足を背景に失業率は低下しているものの、1月から7月までに発生した人手不足関連倒産は、過去最悪の昨年と同ペースで推移している。 総務省が7月30日に発表した「労働力調査(基本集計)2019年6月分」によると、6月の完全失業率(季節調整値)は2.3%で、5月の2.4%から低下した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング