おなかの脂肪は、ワンピース以外の服では隠せないイヤなものですし、実際、悪者です。おなかに「白色脂肪」が広がり、臓器深くに根付いてしまうと、事態は深刻。事実、研究によるとウェストサイズは、体脂肪率よりも重い病気のリスク因子とされているのです。この内臓脂肪は新陳代謝にはたらいて、コルチゾールのようなストレスホルモンやインスリンの産生に影響するサイトカインと呼ばれる炎症性物質を大量生産させることがわかっています。結果として体重オーバーよりたちが悪く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング