imageviashutterstock もしも人と関わるなかで、虐待にあうような目に陥ったら、簡単にわかると思うでしょう?でも、実は虐待であると特定することは、難しいものなのです。「多くの人は“家庭内暴力”イコール“けがをするような肉体的暴力”と考えています」と説明するのは、マインディー・B・メカニックさん(カリフォルニア州立大学フラトン校の心理学教授、博士)です。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング