アジアで最もランサムウェアに遭遇する危険性が高い国は?

マイナビニュース / 2017年10月16日 12時30分

日本マイクロソフトは10月13日、2017年上半期を対象とした第22版「セキュリティインテリジェントレポート」の公開に伴い、そのサマリーを紹介した。 同レポートによると、2017年3月の時点で0.012%と、日本はアジア21カ国でランサムウェアの遭遇率が最も低くなっているという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング