Google「Chrome」ブラウザの迷惑広告フィルター、15日から運用開始

マイナビニュース / 2018年2月15日 4時39分

米Googleは同社が提供するWebブラウザ「Chrome」で、広告としての品質基準を満たさない迷惑広告をフィルターする仕組みの運用を2月15日から開始する。それに備えて、14日に広告フィルタリングの概要を公表した。 広告フィルターは、オンライン広告の改善を目的とした業界団体「CoalitionforBetterAds」の広告品質基準「BetterAdsStandards」に基づいて実施する。CoalitionforBetterAdsは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング