写真

画像提供:マイナビニュース

市場予測会社のTrendForceは、IntelのCPU出荷量が需要に対して十分ではなく、ノートPCにおけるCPU不足を引き起こしており、その結果、2018年のノートPCの出荷台数が前年比0.2%減のマイナス成長となるとの予測結果を発表した。 Intelは、8月末に発表した第8世代CoreプロセッサのUシリーズ(開発コードネーム:WhiskeyLake)の量産出荷を、ノートPC市場が繁忙期を迎える2018年第3四半期に開始するとしていたが、PCメーカーの多くが、WhiskeyLakeの供給不足から、調達が難しくなっているほか、先行して供給がなされているCoffeeLake(開発コードネーム)… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング