写真

画像提供:マイナビニュース

「ウーマンウェルネス研究会supportedbyKao」は9月25日、疲労に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は8月7~9日、調査対象は首都圏在住の業務でデジタル機器を使用する土日祝日休みの20~59歳の有職者、有効回答は854人。 ○84%が「疲労の蓄積を感じている」 日々の疲労が蓄積し慢性的な疲れがぬけない「蓄積疲労」の実態を調べたところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング