写真

画像提供:マイナビニュース

ESETは3月11日(米国時間)、「Over2billionrecordsexposedbyemailmarketingfirm」において、Verifications.ioというメールマーケティング会社から20億件を超えるデータがインターネット経由で誰でもアクセスできる状態で置かれていたと伝えた。 メールアドレス、氏名、ソーシャルメディアアカウント、電話番号、生年月日、郵便番号、クレジットスコア情報、住宅ローンの金額、企業の名前や収益などがアクセス可能な状況にあったようだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング