写真

画像提供:マイナビニュース

UnitedStatesComputerEmergencyReadinessTeam(US-CERT)は4月12日(米国時間)、「MultipleVulnerabilitiesinWPA3Protocol|US-CERT」において、Wi-Fiセキュリティ規格「WPA3」に複数の脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性は「Dragonblood」と呼ばれており、悪用されると、遠隔からシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング