新社会人が2020後に「生き残る」方法を解説

マイナビニュース / 2019年4月23日 11時0分

2020年以降、日本は劇的に変わると考えるのが『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』(プレジテント社)の著者である、ブルー・マーリン・パートナーズ代表取締役の山口揚平氏。 「貨幣と情報化社会」の専門研究者でもある山口氏から、若手社員に向けた「アフターオリンピックを生き残るキャリア形成」のためのアドバイスを聞いたので紹介する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング