世界中の数百万のCisco製ルータにルートアクセスの危険性あり

マイナビニュース / 2019年5月15日 19時26分

Fossbytesは5月13日(米国時間)、「MillionsOfCiscoRoutersWorldwideAreAtRiskDueTo'Thrangrycat'Bug」において、CiscoSystemsのIOSオペレーティングシステムに脆弱性が存在しており、世界中の数百万の同社製ルータがルートアクセスを許してしまう危険性を抱えていると指摘した この脆弱性はセキュリティ調査会社であるRedBalloonが指摘したも。RedBalloonは脆弱性を「Thrangrycat」と呼んでおり、Thrangrycatを発見するための数年の調査期間と約6万ドルの資金を費やしたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング