Windowsの致命的脆弱性 、ATMなど組み込みデバイスが特に危険

マイナビニュース / 2019年5月21日 12時38分

CheckPointSoftwareTechnologiesは5月20日(米国時間)、「CriticalVulnerabilityinWindowsOS-LearnHowToProtectYourself|CheckPointSoftwareBlog」において、先日明らかになったWindowsのリモートデスクトップ機能の脆弱性について、金融、医療、政治、小売、工業などあらゆる分野のさまざまなコンピュータに影響を与える可能性があると指摘した。 同社は、Windowsのリモートデスクトップ機能の脆弱性が抱えている危険性として以下を挙げている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング