写真

画像提供:マイナビニュース

Malwarebytesは10月18日(米国時間)、「PulseVPNpatchedtheirvulnerability,butbusinessesaretrailingbehind-MalwarebytesLabs|MalwarebytesLabs」において、PSSL-VPN製品「PulseConnectSecure」およびネットワークアクセス制御製品「PulsePolicySecure」をアップデートせずに、脆弱性が存在するバージョンを使い続けている企業が多数存在すると指摘した。 このプロダクトには認証バイパスという深刻な問題が存在していたことが知られている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング