Windows 7をターゲットとするマルウェアが71%増加

マイナビニュース / 2019年12月5日 11時46分

ウェブルートは12月4日、セキュリティ業界の最新状況をまとめた「ウェブルート脅威レポート2019中間アップデート」を発表した。同レポートは、機械学習ベースの脅威分析アーキテクチャ「Webrootプラットフォーム」で使用しているデータと、同社脅威調査チームからの傾向、洞察および予測をまとめたもの。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング