余分な機能は要らない。超危険な現場で本物の使い勝手を目指す電子野帳「T-NOTE」 - 特殊高所技術

マイナビニュース / 2019年12月9日 15時45分

アクセスが困難な絶壁や橋梁、ダムやビルの壁面など危険な場所で調査や補修を行う企業、特殊高所技術(株式会社特殊高所技術)。そんな過酷な作業現場で安全に作業を行うには、より吟味された機器が必要になる。同社が、その厳しい環境の中で安心に使えるタブレット野帳として開発したのが「T-NOTE」だ。東京ビッグサイトで12月4日から6日まで開催された「社会インフラテック2019」(主催インフラメンテナンス国民会議、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング