写真

画像提供:マイナビニュース

○Top500の1位を初めて獲得した日本のスパコン「NWT」 昭和のころ、航空機の開発は、スケールされた機体のモデルを高速の気流の中に置いて、空気の流れを観測する風洞実験が一般的であった。 風洞実験では、レイノルズ数とマッハ数を一致させれば小さな模型を使った実験でも空気の流れは相似形になることが知られている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング