写真

画像提供:マイナビニュース

帝国データバンクは1月28日、「日本企業における中国・武漢市への進出状況」の調査結果を発表した。 ○業種別では、「製造業」が最多 同社が保有する企業概要データベース「COSMOS2」(2019年12月時点、約147万社収録)と信用調査報告書ファイル「CCR」(約180万社収録)、その他公開情報等を基に、現地法人や関係・関連会社の設立・出資、駐在所や事務所・工場設備等の設置などを通じて、新型コロナウイルスの感染が最初に確認された中華人民共和国・湖北省武漢市へ進出している日本企業を抽出した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング