写真

画像提供:マイナビニュース

韓国政府は2月11日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を懸念し、韓国国民に日本を含む6か国・地域(日本以外はシンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、台湾)への「渡航自粛」を要請した。 新型コロナウイルスに関する韓国中央対策本部の副本部長を務める金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部(日本の旧厚生省に相当)次官は会見で、対象地域は2月9日に世界保健機関(WHO)が発表した「新型コロナウイルス(COVID-19)の症例と死亡が報告された国・地域」を考慮したうえでの決定だと説明している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング