活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く 第44回 デジタルフォントメーカー・イワタとの出会い

マイナビニュース / 2020年4月7日 10時0分

○イワタの転機――復刻から新書体へ 1998年(平成10)の秋。写研を退職し、フリーランスとなった橋本和夫さんは、あるとき知人から「いま、どうしていますか?」と声をかけられた。 知人とは、もと写研の文字制作部責任者で、フォントメーカー・イワタに移籍し、営業の仕事をしていた宮崎徹氏だ。石井茂吉氏の没後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング