ヤフー、やむを得ない外出をサポートするため「混雑レーダー」提供再開

マイナビニュース / 2020年4月10日 15時2分

ヤフーは、「Yahoo!MAP」アプリ(iOS版、Android版)およびウェブ版「Yahoo!地図」において、2020年1月31日に終了した、地図上でエリアやターミナル駅周辺の混雑度を確認できる機能「混雑レーダー」を4月10日から再び提供開始した。 「混雑レーダー」では、Yahoo!JAPANが提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可しているデータをもとに算出した2時間前から26時間前までの混雑状況を、「Yahoo!MAP」アプリ、ウェブ版「Yahoo!地図」上で、混雑度を色で段階的に表現するヒートマップとして確認できる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング