【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第8回 いすゞはコロナ危機でも黒字確保へ、ボルボ・UD連合で勝ち残り目指す

マイナビニュース / 2020年5月28日 9時30分

小型トラックで国内トップシェアのいすゞ自動車も、新型コロナウイルス感染拡大の影響は避けられない見通しだ。2020年度は前期比21%の販売減を見込む。アフターコロナの生き残りに向け、重要になるのはボルボおよびUDトラックスとの協業をどう活用するかだ。 ○大幅減益も黒字確保の見通し いすゞ自動車が5月26日に発表した2020年3月期(2019年度)連結決算は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング