Apple、脱獄にも利用されていた深刻な脆弱性に対処、アップデート公開

マイナビニュース / 2020年6月2日 7時16分

米Appleは6月1日(現地時間)、「iOS13.5.1」「iPadOS13.5.1」「macOSCatalina10.15.5追加アップデート」「watchOS6.2.6」「tvOS13.4.6」をリリースした。カーネル特権で任意のコードを実行できる可能性がある脆弱性(CVE-2020-9859)に対処するセキュリティ修正になっており、全てのユーザーにアップデートを推奨している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング