写真

画像提供:マイナビニュース

商品というのは、蕎麦打ちAVのように最初から針の穴目がけて発射されているようなものもあるが、多くは「メジャー化」を目指して作られているはずである。 3Dプリンターや4Kテレビだって、「いずれ一家に一台」というつもりで開発されていたかもしれないし、VHSとガチったβパイセンだってそういう気概だったはずだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング