写真

画像提供:マイナビニュース

情報処理推進機構(IPA:Information-technologyPromotionAgency,Japan)は1月13日、「Microsoft製品の脆弱性対策について(2021年1月):IPA独立行政法人情報処理推進機構」において、Microsoftから提供された2021年1月の修正プログラムを至急適用するように呼びかけた。修正対象となっている脆弱性「CVE-2021-1647」を悪用した事実が確認されており、今後被害が拡大するおそれがあると指摘している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング