写真

AppleのTimCook(ティム・クック)CEO 1月29日に発表される米Appleの2019年度第1四半期(2018年10-12月期)決算に合わせ、投資家らに宛てた同社CEOTimCook氏のメッセージレターが波紋を呼んでいる。 1月2日に発信されたこのメッセージには、当初890-930億ドルとしていた同四半期の売上が840億ドル程度と最大1割程度減少することが記されており、その理由として世界情勢の悪化やそれにともなうiPhone売上減少が挙げられている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング