損なのか得なのか? ユーザー目線で考えるトヨタのサブスク「KINTO」

NewsInsight / 2019年2月20日 12時30分

トヨタが提案する新しいクルマとの関係、それが愛車サブスクリプションサービス「KINTO」(キント)だ。簡単にいえば3年契約の自動車購入プランだが、最大の魅力は“明朗会計”とでもいうべき月額負担のみで、クルマのある生活を手にすることができるところ。この新たな販売形態は、我々にどんなメリットをもたらすのだろうか。ユーザー目線で考えてみた。 トヨタがクルマのサブスクリプションサービス「KINTO」を始める 「プリウス」が月々4万9,788円から乗れる新サービス トヨタは2019年2月5日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング