写真

キリスト教への信仰心が消える欧州 ムスリムも増加で変わる宗教地図

教会に行かない、お祈りをしない、信仰する宗教自体を持たない若者が、欧州で増えていることが最近発表された研究結果で明らかになった。いまやキリスト教がデフォルトの時代は終わったとさえ言われており、人口減少や移民の増加に伴い、欧州の宗教地図が、今後数十年で劇的に変わるのではないかと予想されている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング