<ロシアとの緊張が高まるなか、欧州には徴兵などで武装強化を図る動きが広がっている>ドイツ連邦軍は兵員不足に対処するため、外国人の入隊を認めることを検討している。法的には、連邦軍に入隊するにはドイツ国籍をもち、ドイツに忠誠を誓うことが条件になる。だが2017年11月時点で連邦軍の現役兵は18万997人で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング