<最後の中華帝国・清の位置付けをめぐり、共産党は外国人歴史家への攻撃を強めている>政治、文化、道徳、経済、外交......。中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は、実にさまざまな分野でイデオロギー戦争を指揮している。なかでも最大の火種は歴史、特に最後の中華帝国・清(1636~1912年)の歴史だ。習のイデオロギーに合わせて過去を書き換えようとする動きに抵抗する歴史家は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング