<離脱期限の10月末までの延長に合意したカギは残留支持に傾き始めたイギリス世論の動きだった>ブレグジット(イギリスのEU離脱)の期限をハロウィーン(10月31日)まで延期──この合意によって、EU各国の首脳たちはイギリスがEU残留に心変わりすることを期待している。4月10日のEU臨時首脳会議で、テリーザ・メイ英首相は離脱日を4月12日から6月30日に延期することを要請した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング