<民族と宗教が複雑に絡み合うスリランカは10年前まで内戦を戦っていた>4月14日日曜日の午前、スリランカ各地の教会やホテルで自爆テロとみられる爆発事件が連続して発生し、200人以上が死亡した。インド洋に浮かぶこの島国には、民族間の対立が宗教の違いによりさらに悪化し、流血の事態が続いた悲しい歴史がある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング