<米露国境に近いアラスカ沖の上空でロシアの爆撃機が発見され、米軍の戦闘機が追跡した>核爆弾を搭載できるロシア軍の爆撃機がアラスカ沖を飛行し、米空軍のジェット戦闘機が迎撃態勢に入っていたことがわかった。ロシア国防省は5月21日、声明を出した。「ロシア空軍の戦略爆撃機Tu-954機が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング