<夏には白夜が続くノルウェー北部の小さな島で、標準時のない「時間の概念がない場所」にしようという活動が始まっている>旅行者も時計を外して訪れる島北極圏に位置するノルウェー北部の小さな島、ノルウェー語で「夏の島」を意味するソマロイでは、夏は陽の沈まない白夜が、冬は夜の明けない極夜が続く。米CNNによると、ソマロイでは5月18日に夜が明けると、7月26日までの69日間、太陽は昇ったままとなる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング