<政府は再び観光客を呼び込むために、航空会社の負担を減らしてチケット代を下げる対策も>今年4月の連続爆破テロで激減した観光客を呼び戻そうと、スリランカ政府が必死だ。スリランカの観光産業は好調で、昨年はGDPの4.9%を占めていた。ところがイスラム過激派組織による犯行とみられる4月の連続テロで258人が死亡。その影響で5月と6月の観光客数が前年比でそれぞれ70%と57%も減り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング